最近のインスタは動画配信もできる!インスタライブについて

2019年07月15日
パソコンを使っている男性

インスタライブは投稿者の日常風景をリアルタイムで配信することができる、参加型イベントでもあります。ストーリーに残せるリプレイ機能も追加されているので、24時間以内に配信を再度見ることが可能です。インスタライブでは人気インスタグラマーなどとのコラボ企画で配信することで、さらに視聴者層を拡大させることができます。参加型イベントとして活用することができますし、そこで視聴者とのコメントのやり取りができます。

視聴者の顔を配信者から見ることはできませんが、アカウント名などがわかるので誰がコメントしているかはわかるように足跡機能があります。そこで普段インスタグラマーに聞きたかったことなどを質問することも可能なので、より一層身近に感じてもらえる機会になります。中にはインスタライブを利用してイベントなどの発表や告知などを行う人もいますが、どのくらいの人が見に来てくれていて伝えられているのかがわかります。ある程度の視聴者がインスタライブに扱ってから、発表や告知をすることがポイントです。一方的にストーリーやギャラリーへ投稿するケースもありますが、視聴者の反応を見ることができるインスタライブで行う方が効率的だと言えます。

ストーリーに残せるリプレイ機能が追加されたことで、さらにインスタライブを使いやすいものにしてくれています。他の人のアカウントでインスタライブとしてコラボ企画を行う時は、あらかじめ自分のアカウントで発表や告知をしておくことで当日はフォロワーが見に来てくれるケースもあります。コメントのやり取りを視聴者とリアルタイムで行うことができますし、普段の日常風景を見ることが可能で親近感が湧きます。

保存可能であるリプレイ機能は以前はなかったものなので、インスタライブを行ってもそのあとは見ることができなかったのが事実です。配信終了後でも生配信を再度閲覧したいという人もいることから、リプレイ機能を使って保存可能にしておく方が親切になります。中には視聴したくても時間の都合で不可能である人もいるので、終了後でもストーリーに残せる保存可能な機能を使います。

基本的にストーリーには足跡機能があるので、生配信のコメントのやり取りも安心して行えることが特徴です。インスタライブで発信したことに対して、すぐに反応があるのも大きなメリットです。これにより視聴者との距離を短くすることもできますし、さらにそこから新たなフォロワーを獲得することもできます。