Month: September 2019
Webサイトやブログにインスタ投稿を埋め込めるって知ってた?

Instagram投稿やアカウントの効果的なアピール方法として、Webサイトやブログに投稿画面を埋め込みにすることができます。Instagram投稿を埋め込みにする大きなメリットは、企業のブランドやそのサービスなどの公式アカウントでのフォロワーを増やすことができるということです。 自社ホームページに自社のInstagramアカウントの効果的なアピールをすることによって、そこからその企業の魅力が伝わり、フォローするユーザーが増えている傾向があります。アカウントの写真は外部ツールなどを使用して、効果的に装飾することでさらにインスタ映えの効果からフォロワーを獲得することが可能です。投稿画面を埋め込みにするメリットが得られるだけではなく、Webサイトやブログを魅力的にしていきます。 外部ツールを利用することになりますが、InstaWidgetやSnapWidgetが比較的利用しやすい方法になっています。InstaWidgetはユーザー名を始め、ハッシュタグを指定するだけのシンプルな埋め込み作業で完了することが特徴です。埋め込む時に使用するコードが生成できるので、それをブログなどへコピーとペーストするだけで完了します。ユーザー登録を始めログインをする必要がないので、煩わしさがないのも魅力の一つです。埋め込み表示をカスタマイズすることも簡単にできますし、サイトに埋め込む時点でプレビューをすることができるので使いやすいです。12枚までの表示ができるので、通常のブログなどでは事足りる仕様になっています。プレビューを確認しながら、表示されているか確認できるので使いやすいです。 SnapWidgetは基本的にSNSに写真を表示させるためのツールで、新しい写真をインスタに登録すると自動的に更新されるシステムになっています。ひとつひとつブログやサイトに掲載する必要がないので、手軽で時間がない人にも向いているツールです。無料で使えるツールですが、画像をクリックするとInstagram投稿ではなくSnapWidgetのページに移行します。拡大画像や広告が出るのでこれが使いにくいというときは、有料版で試すことで広告などが表示されなくなります。無料であれば登録をする作業を省くことができますし、気軽に使うことができるのも魅力の一つです。様々なレイアウトが用意されているツールで、Instagram投稿でも使いやすい仕様になっています。

2019年09月03日