Month: November 2019
【裏技】インスタグラム広告を使えば手軽にフォロワーを集められるかも?

Instagram広告を出すときには、魅力的なコンテンツを投稿することが基本です。ひとつのことがたくさんの人に魅力的に映るケースは稀なので、広告が誰に対してなのか精密なターゲティングを行なっていきます。 基本となるのが投稿する写真のサイズを合わせることですが、ユーザーの属性を精密なターゲティングで住み分けをします。年齢を始め性別や、居住地などの基本属性もこの中に含まれているので参考にしていきます。精密なターゲティングは4パターンほどに分けることができ、課金形態や広告形態によっても変わります。基本的にはどのような広告を出すときにも行われるものですが、交際ステータスなどのライフスタイルも含まれるところがInstagram広告の特徴です。 魅力的なコンテンツは経験的価値を見出すこともできますし、ユーザーの興味や関心をベースにしているものになります。オンライン上だけでの行動なので、いいねをしたページや興味のあるものを調べていくことで精密になっていきます。6種類の精密なターゲティングを行うには、細かい指定をしていくこともできますが、逆に絞りすぎてしまうことで費用がかかるケースも見られます。そこに当てはまるユーザーの数が少なくなることもあるので、少し幅を利かせて絞っていくことが得策です。 経験的価値はカスタムオーディエンスの中で、すでに接点のあるユーザーを始め、既存の顧客も当てはまってきます。画像のサイズを合わせることは大切ですが、手軽にフォロワーを集めることのできる方法になります。広告として最新の情報を顧客に届けることができるのも、Instagram広告の大きなメリットですが、さらに繋がりを作ることができるのもポイントです。 カスタマーエンゲージメントと呼ばれる仕組みの向上にも役立つので、広告形態を見直していくことも可能になります。4パターンに分けることで顧客をリストアップしやすくなりますし、データや類似しているユーザーもターゲティングに含めることができます。既存の顧客層と類似している場合はその特徴を持っているユーザーに対しても、出稿をするすることができるのも大きなポイントです。課金形態をとることも可能ですが、さらに効果を出す場合は6種類で基本属性を見直していくことで機能していきます。 Instagram広告でのターゲティングは他のSNSに蓄積されているデータも活用されていることもあり、とても精密なものになっています。

2019年11月09日